BLOG

【徹底解説】皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは?

皆さんこんにちは!

健康診断の項目にあり、生活習慣病のリスクが上がるとされている「内臓脂肪」。

皮下脂肪だって脂肪なのに、なぜ内臓脂肪だけが悪者扱いされるのでしょうか?

こちらでは、ダイエットのためにも、健康のためにも知っておきたい、皮下脂肪と内臓脂肪の違いを解説します。

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の違いについて

まず、皮下脂肪は皮膚の下にある脂肪のことで、筋肉の上に蓄えられます。

ヒップ、太もも、二の腕など、女性ほどつきやすいといわれています。

女性は出産に備えるために、外部からの寒さや衝撃から身を守るクッション役として

長期の飢餓の時はエネルギーとして消費できる皮下脂肪を蓄える傾向にあるのです。

一方、内臓脂肪は、腸間膜の間につく脂肪のことで、内臓のまわりに蓄えられます。

お腹だけ出てくるのが特徴で、男性に多くみられますが、女性ホルモンが減ってくる年齢になると女性でも内臓脂肪がつきやすくなります。

「内臓脂肪」が増えると良くない理由

ただ、脂肪細胞は、余ったエネルギーを蓄えているだけではありません。

生体維持にかかわる生理活性物質『サイトカイン』を合成・分泌しています。

脂肪細胞から作られるサイトカインは、血液中の糖や脂肪、血圧のコントロールに影響を与えていることが近年分かってきています。

つまり、脂肪細胞は悪者というわけではないのです。

けれども、内臓脂肪が増えてしまうと、サイトカインの分泌に異変が起こりやすくなり、次のような悪影響が出ると言われています。

・インスリンの働きが悪くなる

・血中の中性脂肪やコレステロールが増える

・血圧を上昇させる物質が分泌されやすくなる

また、内蔵脂肪が増えると、脂肪を燃焼させたり、動脈硬化を予防する生理活性物質の分泌も減るという特徴もあります。

このように、内臓脂肪型の肥満になると、生活習慣病のリスクが高くなるのです。

「内臓脂肪」を落とすポイント

内臓脂肪は、食生活と運動で改善されます。

短期の飢餓で使用されるエネルギーなので、ダイエットをすると皮下脂肪より先に、内臓脂肪の方が落ちる傾向にあります。

糖質や揚げ物などを減らし、歩くなどの簡単な有酸素運動を習慣にする…このあたりから始めてみるのがおすすめです。

ダイエットでは、皮下脂肪を落とすだけでなく、内臓脂肪の値に気をつけて、健康な体を保つことも重要です。

皮下脂肪と内臓脂肪の違いを知り、両方を増やさない生活習慣を身につけるよう意識しましょう!

この記事の監修者】 
Kirei by QUALITASトレーナー 矢崎直哉

【保有資格】
NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)

【早稲田・神楽坂エリアのセミパーソナルジム Kirei by QUALITAS】

新しいスタイルの女性専用セミパーソナルジム「Kirei by QUALTIAS」が新宿、高田馬場、神楽坂から通える、東京メトロ東西線「早稲田駅」徒歩1分の位置にオープンしました。

Kirei by QUALITASは、

「すべての女性のキレイを支える」

をCONCEPTに、女性の「綺麗になりたい」という想いをサポートすることに特化した、まったく新しいスタイルのトレーニングジムです。

「運動って何をすればいいかわからない」
「パーソナルトレーニングは高くて払えない」
「ジムに入会したけど、男性の目が気になる」
「頑張っている姿を見られたくない」
「フォームがあっているか心配」
「今の時代、ジムでの感染リスクが不安」

そんな悩みで、運動することを諦めて欲しくないから、私たちは、そんな女性たちが安心して自分磨きに集中できるよう、「月額21,780円」「通い放題」「マンツーマン指導」「プライベートトレーニングブース」を組み合わせた、まったく新しいサービスを提供いたします。

一人でも多くの女性の方が、Kirei by QUALITASでボディメイクに1歩踏み出す勇気を持っていただけることを強く願っております。

Kirei by QUALITASでは体験レッスンを随時受付しております。

体験レッスンをご希望の方は下の体験レッスンお申し込みボタンをクリックしてください!

皆様のお申し込み、スタッフ一同心よりお待ちしております。

店舗詳細

Kirei by QUALITAS 早稲田店

営業時間 8:00~22:00(最終受付21:00)
定休日  年末年始
住所   東京都新宿区馬場下町61-4 長谷部第11ビル 5F

東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事