BLOG

今、話題のダイエット!?@早稲田パーソナルジム kireiのブログ

Kirei by QUALITASパーソナルトレーナーの師田です🔥

世の中にはたくさんのダイエット方法やトレーニング方法がありますよね。

糖質制限や脂質制限にバナナダイエットやキャベツダイエットなど様々です。

今話題のダイエット方法があるのをご存知ですか?

韓国のアイドルなどもやっていて日本でも知られるようになってきた方法です。

その名も…16時間ダイエット!!!

聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

本日はこのダイエット方の方法とどのような効果があるのかお話します。


⑴16時間ダイエットとは?

簡単にいうと「16時間のプチ断食」です。

24時間中16時間連続で食事をとらず、あとの8時間は好きなだけ食べて良い方法です。

また、断食中の16時間は間食としてナッツはいくらでも食べて良いというのです。

食事をとる8時間の間も糖質の制限などは特になし!

時間を空けること以外は特に決まりはありません。

⑵どんな効果がある?

①内臓の働きを復活させ、活性酸素の害から体を守る

食べすぎたりすると、前に食べたものを消化している間に次の食べ物が体内に入ってきます。

内臓は休むことなく働き続けなければなりません。

疲れた胃や腸、肝臓などは働きが鈍くなります😰

すると、栄養をしっかり吸収できなくなり、老廃物もきちんと排出されなくなります。

まとまった「空腹の時間」を作ると、内臓の働きがよくなります。

休憩をとった内臓は、疲れがリセットされて、しっかり働いてくれるようになり、下痢や便秘、アレルギーや体調不良なども改善されるはずです。

さらに、プチ断食によって一時的に栄養が足りなくなると、活性酸素を除去する酵素が増え、活性酸素の量が減るともいわれています。

つまり、活性酸素がもたらす細胞の老化や病気を予防することができるのです。

②脂肪の分解、血流の改善で、生活習慣病をまとめて遠ざける

「空腹の時間」のあいだ、体は、外部から糖質を補給できません。

そこで、まず肝臓に蓄えられたグリコーゲンを利用して、エネルギーを作ります。

「空腹の時間」が10時間ほど続くと、肝臓に蓄えられたグリコーゲンが尽き、体は脂肪を分解して、エネルギー源に変えようとします。

つまり、空腹の時間が長くなればなるほど、体内の余計な脂肪が分解され、減っていくのです。

特に内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて落ちやすいという特徴があります。

③オートファジーで、若々しく健康な体を手に入れる

体にもたらす最大のメリットは、なんといってもオートファジーの仕組みを発動させることにあります。

オートファジーとは、細胞内の古くなったタンパク質が除去され、新しいものに作り変えられるという仕組みです。

「空腹の時間」が続くと、体は生存するために、なんとか「体内にあるもの」でタンパク質を作り出そうとします。

細胞が内側から生まれ変わるため、がんや糖尿病をはじめとする生活習慣病、アルツハイマー型認知症、感染症などの予防効果や、肌や筋肉などの老化防止の効果があると考えられています。

細胞が生まれ変われば、体にとって不要なものや老廃物が一掃され、細胞や組織、器官の機能が活性化し、病気になりにくく若々しい体になるのです✨

16時間ダイエットいかがでしたでしょうか?

早稲田駅から徒歩1分のkirei byQUALITASではこのダイエット方法を試しているトレーナーもいます!

ぜひみなさんもお試しください(^^)


東京メトロ東西線「早稲田駅」徒歩1分に位置する

Kirei by QUALITAS(キレイ バイ クオリタス)は、

すべての女性の「キレイ」を支えたい

をCONCEPTに、どんな女性の悩みも解決する
新しいスタイルのパーソナルトレーニングジムです。

もしご興味があればお問い合わせください。
スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスン申し込みはこちらから↓

QUALITAS
南青山店HP→ https://minamiaoyama.qualitas-conditioning.com/
神楽坂店HP→ https://kagurazaka.qualitas-conditioning.com/

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事