BLOG

低GI食品@早稲田パーソナルジム

早稲田駅から徒歩1分のパーソナルジム、Kirei by QUALITASの櫻井です(^o^)

本日は低GI食品についてのお話です。

ダイエットやボディメイクをしている方は聞いたことがあるかもしれませんね。

ですが、なぜGI値が低いものが良いのか、そもそもGI値とはなんなのかといったお話をしていきます!


⑴低GI値とは?

GI値とは…グリセリック・インデックスの略で、食後血糖値の上昇度を示す指数のことです。

このGI値が高い食材を食べると血糖値が急上昇し、反対に、GI値が低い食材を食べると血糖値は緩やかに上昇します。

血糖値が上がると、インスリンという血糖を下げるホルモンが分泌されます。

このインスリンの分泌が追い付かなくなると、食後しばらく経っても血糖値が下がらず高血糖が続きます。

このような血液中の糖濃度が慢性的に高い状態を「糖尿病」と言います。

このインスリンは血糖値を下げるという働きの他に脂肪を作る脂肪の分解を抑制するという働きがあります。

つまり、高GI食品を摂取し、インスリンが多く分泌されると、糖尿病だけでなく肥満の原因にもなります。

⑵GI値の低い食べ物は?

GI値は低・中・高と3つに構成され数値で分類されています。低GI食品とは、一般的にGI値が55以下の食品を指します。

ダイエットやボディメイクをしたい方は、食事でGI値の低いものを食べることをオススメします。

また、食事の時間がバラバラだったり1日2食の方も1回の食事ごとに血糖値が上がりやすくなるのでGI値の低いものを選びましょう!

【主食】

そば・スパゲッティ・押し麦などが低GIです。

中GIは玄米やコーンフレークなどが当てはまります。

【野菜】

ブロッコリー・ピーマン・葉物野菜・きのこ類が低GI値です。

【果物】

りんご・いちご・メロン・グレープフルーツ・みかんが低GI値です。

《低GI食選びのポイント》
 ◎ポイント1  デンプン質の低い野菜を選ぶ
 ◎ポイント2  食物繊維が豊富なものを選ぶ
 ◎ポイント3  穀物は精製されていないものを選ぶ

食事を改善しようと思っている方はぜひ参考にしてくださいね♩


東京メトロ東西線「早稲田駅」徒歩1分に位置する

Kirei by QUALITAS(キレイ バイ クオリタス)は、

すべての女性の「キレイ」を支えたい

をCONCEPTに、
新しいスタイルのパーソナルトレーニングジムです。

もしご興味があればお問い合わせください。
スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスン申し込みはこちらから↓

QUALITAS
南青山店HP→ https://minamiaoyama.qualitas-conditioning.com/
神楽坂店HP→ https://kagurazaka.qualitas-conditioning.com/

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事